主な実績

海上交通安全システム

e-Navigation

e-Navigationとは、海上における安全と安全保障と海洋環境の保護のための関連サービスおよび航行を支援する電子手段によって得られる船舶上および陸上における海洋情報の調和のある収集、結合、交換、表示および分析のことです。

海上工事

昭和の高度経済成長期には、港湾築造を始めとして大型橋梁などの公共海上工事が実施され、港湾と道路のインフラ整備が進められました。

本州四国連絡橋/アクアライン(東京湾横断道路)/鶴見つばさ/横浜ベイブリッジ/白鳥大橋/東京港連絡橋トンネル

埋立造成

海上埋立造成事業は昭和40年代より本格化し、港湾事業のほか、海上空港などでこの手法が用いられ、整備が進められました。また、生活廃棄物や公共事業での建設残土などを受け入れる最終処分場としての海上埋立事業も行われています。

大阪南港埋立/東京辰巳東雲埋立/東京若洲埋立/東京中央防波堤/響灘/大阪中央新島/南本牧/新海面

浚渫工事

地球温曖化対策の柱としてのモーダルシフトが推進されています。これは、トラックによる輸送を海運・鉄道輸送に切り換える動きです。こうしたシフト化を支え、また船による輸送を可能にするために水深の維持、船舶の喫水確保のための航路維持浚渫工事が国や自治体の手で行われています。

【主な工事】中山水道保全事業/備讃瀬戸浚渫工事

電力・エネルギー事業

日本は、化石燃料などのエネルギー源の多くを中東地域に依存し、超大型石油タンカーやLNGタンカーなどの航路の安全確保に力を入れています。こうして輸入された原料は、日本全国の国家石油備蓄基地で貯蔵され、火力発電所や工場、一般家庭などで消費されます。また、省エネルギー化とCO2削減を推進するため、発電設備では原料のLNG化にも取組んでいるところです。

【主な発電所】泊/東通村/女川/刈羽/敦賀/伊方/玄海/川内/吉ノ浦/舞鶴/伊達/橘湾/富津
【主な備蓄】久慈/白島/志布志/むつ小川原/串木野/上五島/北海道共同備蓄
【主なLNG基地】坂出/堺/姫路

海上空港

観光客を迎える空港、輸入港としての空港、国際ハブ空港としての24時間国際空港など空港の需要はますます高っています。一方で騒音問題もあり、空港の立地を海上に求める海上空港の建設が増えてきています。土砂による埋立工事や、鋼製の浮体を使った工事など様々な工法が開発されていますが、いずれの工事においても、航行する船舶に安全を提供するのは航路標識です。

【主な空港】羽田II期/羽田再拡張/中部空港/関空II期/神戸空港/徳島空港/宇部空港/沖縄空港/北九州空港