漂流ブイ

「母を尋ねて三千海里!?」  みなさんはニホンウナギはどこで生まれ、シラスウナギとなって日本沿岸にくるとおもいますか?
実はニホンウナギは、下記の地図に示されるグアム島に近いマリアナ西方海域で産卵され、ふ化した幼生はフィリピン東部から黒潮に輸送されていく間に幼生はシラスウナギへ変態します。高い遊泳能力をつけた彼らは日本沿岸に近づくと、黒潮というゆりかごを降りて河川や汽水域(淡水と海水の混ざり合う水域)での新たな生活に再び旅立ちます。
このようにシラスウナギは日本沿岸で産まれるものではなく、産卵してから日本沿岸に到達するまでの4〜5ヶ月、移動距離は三千海里にも達し、まさに「母を尋ねて三千海里」を経て来ているという話。

以上はニホンウナギ研究の権威、東京大学海洋研究所木村教授が、新発売のイリジウムシステム対応型漂流ブイの機能に期待して発注いただいた時に伺った興味ある話です。もっと不思議な、  どうやって親ウナギが産卵に行っているのか?の質問については、「そのためにこれから漂流ブイがたくさん必要なんですよ(笑)」

7月8日〜10日にかけて、産卵海域に6月リリースしたばかりのイリジウムシステム対応型漂流ブイが3基投入されました。シラスウナギとともにブイが黒潮に乗って今秋以降、日本沿岸まで母を尋ねて来ることが期待されています。

日本からはるか遠く離れたブイからのデータはほぼ1分で届きます。最新の衛星通信技術を  いち早く海洋観測に採用し、それを支える安定した漂流ブイとして高い評価が得られるようこの 実績を発展させていきたいと思います。

視認風景

各種漂流ブイ

  • ブイに内蔵した送信機から自動発射された位置情報を日本全国どこででも受信できるシステムを実現。
    内蔵蓄電池は10分間隔で約1週間稼動します。短期間のリサイクル使用に最適です。
  • 蓄電池式を太陽電池式にパワーアップ。 北日本では2時間毎、南日本では1時間毎の通信で周年運用が可能です。
    発売以来、200台以上の納入実績があります。
  • 漂流しながら1〜2mの高精度位置情報を1秒毎にデータロガーに記録するブイです。
    海上保安庁のビ−コンを受信するDGPSを搭載しています。
    狭い海域で緩やかな流れの観測に最適です。
  • 直径800mm、重量35kgと小型軽量ながら単独測位GPSのみで高精度の波浪観測が可能な漂流ブイです。
    衛星通信と太陽電池で6ケ月以上の波高、波向、の漂流観測が可能です。