イリジウムシステム対応型漂流ブイ

「母を尋ねて三千海里!?」  みなさんはニホンウナギはどこで生まれ、シラスウナギとなって日本沿岸にくるとおもいますか?
実はニホンウナギは、下記の地図に示されるグアム島に近いマリアナ西方海域で産卵され、ふ化した幼生はフィリピン東部から黒潮に輸送されていく間に幼生はシラスウナギへ変態します。高い遊泳能力をつけた彼らは日本沿岸に近づくと、黒潮というゆりかごを降りて河川や汽水域(淡水と海水の混ざり合う水域)での新たな生活に再び旅立ちます。
このようにシラスウナギは日本沿岸で産まれるものではなく、産卵してから日本沿岸に到達するまでの4〜5ヶ月、移動距離は三千海里にも達し、まさに「母を尋ねて三千海里」を経て来ているという話。

以上はニホンウナギ研究の権威、東京大学海洋研究所木村教授が、新発売のイリジウムシステム対応型漂流ブイの機能に期待して発注いただいた時に伺った興味ある話です。もっと不思議な、  どうやって親ウナギが産卵に行っているのか?の質問については、「そのためにこれから漂流ブイがたくさん必要なんですよ(笑)」

7月8日〜10日にかけて、産卵海域に6月リリースしたばかりのイリジウムシステム対応型漂流ブイが3基投入されました。シラスウナギとともにブイが黒潮に乗って今秋以降、日本沿岸まで母を尋ねて来ることが期待されています。

日本からはるか遠く離れたブイからのデータはほぼ1分で届きます。最新の衛星通信技術を  いち早く海洋観測に採用し、それを支える安定した漂流ブイとして高い評価が得られるようこの 実績を発展させていきたいと思います。

視認風景